人気ブログランキング |

今日のビタミン2

dankami2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:そとごはん( 11 )

野毛「末広」

またまた久しぶりの更新、

先週、横浜から帰ってきました。今回も充実度100パーセント(^.^)

横浜と長野。ドッチもいいなあ。

ドッチも好き。贅沢。


横浜でのミッションも終盤になっているけれど、それが縁でまたまた横浜での縁が続きそう。嬉しい。

「そういう風にできている」

全てが縁です。すべてが縁で繋がっている。無駄な事など何一つない。全てが意味がある。

いい事もそうでない事も、嬉しい事もそうでない事も、無駄な事など何一つない。

そういう風にできている。

・・・・・・

友人と野毛でデート。


「のげ」って読むのだけれど、知らない人は読めないよね。

「よこはまみなとみらい」と同じJR桜木町からすぐの地域。


みなとみらいとは全然違う表情をしていて、とても面白い。


今回はこの野毛で超人気の焼き鳥店「末広」に行こうという事になった。


5時開店だけれど、5時に行ったら平日でもまず入れないらしい。

開店の30分前には並んでいようと勇んで家を出た。






桜木町駅で降りて

馴染みの「みなとみらい地区」を横目に反対側の降り口に。

ちなみに駅から「みなとみらい地区」側に降りるとこんな感じの風景が広がる。
d0380953_16463603.jpg


きょうの目的地はコッチじゃなくて、反対側に降りて

「野毛」

deepなこの街がこの頃すっかりお気に入り。

まだ4時半くらいだと、殆どの店が準備中なので、人もマバラ。

でももう開店してて、グループで宴会?してる店もありましたけれど(^^ゞ





d0380953_16435442.jpg





d0380953_16442483.jpg
ここが末広。

お店の前に一人男の人が。並んでいるのかな?


d0380953_16443671.jpg
「並んでいますか?」

やはり一番乗りの方でした。

常連さんのよう。

野毛にはたくさんの焼き鳥屋さんがあるけれど

やっぱりここが一番好きで、ここばかり来てしまう・・って仰ってました。

超常連さんのようです。お店の人が準備のために来た時も挨拶してましたから。

ちなみに、私の後に並んだ人も常連さんのよう(^^ゞ

なんか、楽しみだぞ~~

まもなく、友人も来て・・そして開店までにあっと言う間に長蛇の列。

早く並んでよかった~~!

開店。

次から次へと入店する人たちに、お店の人がテキパキと席を振り分けてくれます。

私たちは一番奥のカウンター席。

カウンターとテーブル席と、奥に小さな小上がりと。


隣の席の人ともすぐ近くで、みんなでギュウギュウ状態(笑)

これがいかにも「野毛」らしくていいんです^m^


先月もこの野毛で「もつ」のお店に入ったけれど、そこもやはりギュウギュウ^m^

気取らず楽しく飲み食いできるのが「野毛」です(^_^)v




二人でビールで乾杯して、さっそく焼き鳥を幾種類か注文。

そして・・肝心の焼き鳥の味は・・


美味しい!!!なんだ、この美味しさは!

今までだって、美味しい焼き鳥を食べていたはずなのに!


d0380953_16445308.jpg
・・・って、レポ、それだけ?(笑)

このブログ、レポじゃないですからね。独り言、あるいは備忘録ですから(^^ゞ

でも、本当に美味しいしかいえない。大袈裟じゃなくて・・びっくり。

タレか塩かは選べない。身を串から外して食べるのは御法度。箸はない。

そんな、この店独特のルールがあると聞いて、どんな店かなあと思っていたけれど

スタッフさん達、テキパキと感じがいいし、いう事なし。

並んでも行きたい店なのがわかるなあ。並んででも食べたいのがわかる。

またきっと来ようねって、友人と共に大満足でした。


私達が店を出るときも、勿論外では待ってるお客さん達が、かなり並んでる。

平日なのにね。早めに並んで良かったね。


今回も本当に美味しかったし楽しかったよ。ありがとう~!

みなとみらいも素敵だけれど、野毛、いいね!


ちなみに私達、この後、もう一軒寄ってお腹も心も大満足で帰りました^m^

野毛では梯子が当たり前(笑)








by dankamidankami | 2019-04-22 10:23 | そとごはん
先週は、昼間は暖房が要らないほど暖かい横浜に住んでいて、

帰ってきたら、途端に零下の世界に逆戻り^_^;


ずっとこちらに居ると慣れているが・・

横浜との行き来が頻繁な今日この頃・・この差が身体に堪える(笑)


友人Tさんと会って新年会してきた。

彼女は美味しいところをいろいろ知っているので、今回も彼女にお任せ♥


横浜駅からすぐのこちら





d0380953_08073421.jpg






イタリアから空輸される日本初の水牛のモッツァレラチーズを味わうことが出来る店。

初めて味わう、水牛の新鮮なモッツァレラチーズ・・まるでミルクを食べているような感じで

今まで食べたきたモッツァレラチーズとは別物。

「ね、美味しいでしょう?」「美味しい~~♪」

勿論、おいしいのはチーズだけではなく。

カウンターに座って

ワインやピザに舌鼓しながら、その舌から「大人女子」の話題が次々と(笑)

ほんとに尽きないのよね。


d0380953_08084469.jpg

d0380953_08075322.jpg




d0380953_08072666.jpg

日記ではないから、細かい話は書かないけれど

Tさんとはいわば「同志」

元々はネットが縁で知り合って・・それからいろいろあって随分経つ。


生活環境などは

知り合った頃から見ると、お互いに変化していることも多いけれど

そんなお互いの経験や生活の変化を話したり聞いたりも楽しい。

楽しく違和感無くそんな時間が過ごせるのは、

やはり根っこの部分で共有するものがあり、

共感できるものを持っているからだと思う。


カウンターで本当にいろいろな話をして、聞いて

パワーをもらい、「やる気」も出た^m^

以前は私がTさんを後押しした形になったかもしれないけれど

今は私がTさんに後押しされている。感謝。

また会おう。

lineにTさんから「今度はアヒージョだね」と来た。

今回の新年会の候補にあがった店のメインだ(笑)楽しみ!


by dankamidankami | 2019-01-29 12:22 | そとごはん
ダンさんが予約をしておいてくれた「ベルジェ」に行きました。

前回は私のお誕生日でした。

今回も私たちには「記念日」でしたが、

ベルジェには伝えないで二人で地味にお祝い^m^



私の体調、実はかなり絶不調でしたが、ベルジェへ行く日を目標に、根性で体調を何とか戻しました(笑)

一昨日あたりは「下手するとキャンセルかな」とか

「でも勿体無いから、ダンさんに誰かお友達を誘って行ってもらおうかな」とか思っていましたが・・

繰り返し言いますが、根性で戻しました(笑)





ダンさんは会社でしたから、長野駅で待ち合わせて。

ベルジェの外観画像は撮らなかったけれど、いつものベルジェです。

いつものマダムとシェフの穏やかな笑みが迎えてくれるベルジェです。

d0380953_08501835.jpg



いつもの席に案内されて、いつもの黒板のメニューから・・さぁ・・きょうはどうしょう。

いつものことだけれど、なかなか決められない・・だってどれも美味しそうだから。


ワインはフルボトム。

ダンさんがワインリストからチョイス。




d0380953_08503492.jpg


さて、前菜は・・


結局


d0380953_08504199.jpg
ひとつは三陸産カキのパイケース詰め





d0380953_08504878.jpg

仏産エスカルゴのパセリバター焼きガーリック風味





d0380953_08511937.jpg

そして

たっぷりチーズのオニオングラタンスープ




この三点に・・え?三点?そうです(^.^)

どれも美味しそうなのでひとつオーダーを増やしました。


わかってたけれど

どれも感動の美味しさ!!

特に季節もののカキのパイケース包みは、言葉にならないくらい。


ベルジェの前菜って、これだけでメインになると、いつも思う。

全部食べたい。でもお腹イッパイになりすぎる。


前菜だけ全部注文して、あとはデザート・・って・ありかな。

ヒンシュク買うのかな(笑)





d0380953_08512775.jpg

と、言いつつ

楽しみなメインディッシュ。

私は今日は能登産時魚のリヨン風クネル







d0380953_08513313.jpg

d0380953_08514066.jpg


ダンさんは信州牛赤味のロースト・・塩コショウでいただきます。







「私は」「ダンさんは」と書きますが

当然お互いに味見をして「!!」って満足して頷いて・・そんな食事光景です(^^ゞ



きょうは平日で比較的空いていて

いつもはデザートくらいまで厨房で奮闘しているシェフが

きょうは時々出ていらして感想などに耳を傾けてくれます。

他のお客さんが、絶賛しているのが聞こえてくるのも、とっても嬉しい。

自分たちが絶賛しているのと同じ気持ちでいるんだなと思うと、心で握手したくなる^m^



そしてデザート
d0380953_08514626.jpg




d0380953_08515336.jpg
ダンさんはカンパリのジュレ・・これはもう我が家のイチオシ





d0380953_08521703.jpg
私はラム酒のサラバン・・ベルジェでは初めてのオーダー。

ラム酒のサラバンは大好きだけど、ベルジェのサラバンはやっぱり特に美味しかった^m^

あ・・今気がついたけれど

コーヒーや、パンやおつまみ・・いろいろ撮り忘れてました^_^;




帰り際、マダムが外まで見送ってくださって。

私達が「今日も美味しいものをありがとうございました」と言ったら

「こちらこそ、今日も楽しい時間をありがとうございました」と言われました。




「おいしい」は「たのしい」

「たのしい」は「しあわせ」だね。

よし!また明日からがんばろ!

ダンさん、明日からまた一年、

かなり、かな~~~~り、ふつつかな妻ですが、どうぞよろしく。


by dankamidankami | 2018-11-07 09:47 | そとごはん
ネットサーフィンしていたら

たまたま見つけたレストラン

信州上山田温泉にあるらしい・・・

上山田温泉と言えば

先日、ジム友たちと行った「kokoro」のあるところね。

あれ・・・kokoroのすぐそばみたい。


ダンさんに伝えたら、早速ダンさんもチェックして・・・

そうしたら・・気に入ったようで

珍しく、自分で色々調べてます。

で、本当は、その日は家でノンビリとソーイングするはずが、急きょ

このレストランに行こうという事になりました。

私としたら

美味しいものがいただけるなら

なんの異議がありましょうか^m^




リストランテ・エ・バール・ダ・クイ

Ristorante e Bar Da・Qui


イタリアンのお店です。

d0380953_18573570.jpg




kokoroも狭い路地にあるお店だけれど、ここも同じく路地裏。

看板がなかったら、普通の家の玄関にしか見えません。





d0380953_18572065.jpg






駐車場はすぐ隣。(同じ経営の山小屋風バールの前)

狭い路地にある店だけれど、駐車スペース(7台)は比較的余裕があるから大丈夫。

駐車場の有無・・車が足である信州では大事な事です(^^ゞ


d0380953_18574113.jpg


11時からの営業時間。

私達が到着したのが11時を少し回っていた頃なので

もしかしたら(小さなお店のようなので)満席かな・・と思っていたら

ラッキーな事に、私たちが最初の客だったようです(^^)




d0380953_18575451.jpg
HPで見たとおり、小さなレストランでした。

20席・・と書いてありましたが、その日は

4人掛けのテーブルセッティングが縦に3つ。

奥のひとつは予約席になっていたので

私たちは真ん中の席に座りました。





d0380953_18574868.jpg

ランチメニューは

先付けと前菜、パスタと飲み物(コーヒーor紅茶)

別注文でジェラードかドルチェ


前菜もパスタも二種類から選べるので

二人で別々の物をお願いしました。


ここでひとつ、言い訳(^^ゞ

メニューも見たし、お料理が運ばれてくる時に

丁寧な説明を受けて

その時には「あ、そうなのね、なるほど・・」と

憶えた気がしたけれど・・気のせいだった(-_-;)


なので、詳しい説明は出来ず・・

出来ないけれど、かなり美味しかったということだけm(__)m

d0380953_18580049.jpg

先付けは冷たいコーンスープ

濃厚だけど喉越しがとても爽やかで

一口飲んで、二人で顔を見合わせて

「これは、これから来るお料理が楽しみだね」と、言いました・・心の中で(笑)



d0380953_18580652.jpg
酵母パンも美味しくて、食べ始めてしまってから

撮ってない事を思い出して、慌てて(^^ゞ


d0380953_18581347.jpg
前菜のひとつ、海鮮のカルパッチョ。

ものすごく美味しくて私好み。。ダンさんとシェアするつもりが

ダンさんは味見だけで、ほぼ私が(^_^;)




d0380953_18581953.jpg
ダンさんの前菜は・・なんだっけ・・

周囲の巻いてあるのは牛肉だったよね


前菜だけれど2皿とも、ボリュームがあって食べごたえがありました。

d0380953_18582624.jpg



d0380953_18590313.jpg
そしてメインのパスタ

自家製の生パスタはモチモチとした食感で

オリジナルのソースと合って美味です。

3年間イタリアで修行したシェフによる

北イタリアの郷土料理だそう。





d0380953_18585519.jpg
食後は二人ともホットコーヒーをいただいて・・

ドルチェも注文の時からお願いしてあったのですが

改めて「ドルチェ、どういたしますか?二つ持ってきてよろしいですか」

と、聞かれて・・どんなドルチェか聞いたら、それも結構ボリュームがありそうだったので

一人前を二人でシェアすることにしました。

きっと、それも想定して聞いてくれたんだと思います^m^



d0380953_18591045.jpg
冷たくした器に。

(当たり前でしょうが、冷静スープや前菜の皿もキンキンに冷えていて気持ちよかったです。)


ダンさんがお会計の時に

「またきます」と声をかけていました。

ダンさんがお店の人に直接そう言うの、珍しいです(^^)


ランチでこれだけ満足感があるのだから

ディナーはどんなに・・でしょう(^^)

そういえば、ここは隣のスペースでバールもやっているそうです。

どちらにしても、ワインが飲みたい車でしか来られない私たちには機会がないとは思うけれど(^^ゞ

また、私たちにとっては、ちょっとだけいつもより贅沢なランチ、いただきに来ましょう。



長野県千曲市上山田温泉1-34-2








by dankamidankami | 2018-08-24 10:42 | そとごはん
いつものベルジェ。

今夜も予約でイッパイ。

小さな小さな店だから、予約しないと行かれない。

きょうも、カウンター前の予備(?)のテーブル以外は

テーブルセッティングがされて今夜の予約の客を迎える準備が出来ている。


気取っていただく店ではない。

ナイフとフォークの僅かな音が響く、静寂に充ちた店でもない。

向こうのテーブルの賑やかなおしゃべりも笑い声も聞こえる店。

それが気楽で楽しい。

勿論、お客もみな、マナーをわきまえた楽しい会話。

今夜は初めてのグループや、初めての客を連れて来た常連?などがいて

ベルジェの味を惜しみなく絶賛していたり

連れに「この味をあなたに食べさせたかったの♪」と喜ぶ客や・・

それを耳にしながら、こちらまで嬉しくなってしまうのが

私の好きな・・ベルジェ。


今日のベルジェの料理も、ワインも、シェフの雰囲気も、マダムとの会話も

申し分ない。

美味しいものを「おいしい」って口に出して笑みがこぼれるって・・

幸せだ。


d0380953_13261705.jpg


d0380953_13262397.jpg




d0380953_13263659.jpg




d0380953_13264242.jpg





d0380953_13265010.jpg



d0380953_13265637.jpg



d0380953_13270413.jpg



d0380953_13271023.jpg


オマケ(^^ゞ


隣のテーブルだけ、まだセッティングされたまま。

遅い予約時間なのだな・・と思っていたら、私たちが食事が終わる頃に

店のドアが開いて入ってきて、隣のテーブルに座った大人のカップル。

ダンさんが「あ、どうも!」と挨拶した。

あれま、ダンさんの知り合いか(・・;)会社関係か?

私も挨拶しようと

ダンさんに「はじめまして・・でいいのかな?」っと耳打ちしたら

ダンさんが「え?〇〇さんだよ」と。

え?一瞬名前を言われてもピンと来なかったんだけど、

やっと気がついて「ひゃ~っ!」

それは

もうダンさんが十何年も日頃からお世話になってる主治医ご夫妻(・・;)



ゴメンなさい!

私は滅多に行かないし、

お世話になる時はよっぽど悪くて死にそうな時だから、自分の事だけで~・・

それにお二人とも今日は白衣を着てないんだもの(笑)
あと・・そう!マスクも!(言い訳言い訳)


私たちは既に食事が済んでいたので、すぐに「ごゆっくり」と店を出たけれど

ああ、びっくりした。

先生ご夫妻も常連さんだそう。

ベルジェのマダムが外に見送りに出てくれて

今のエピソードも含めて、今夜も最高だったとお礼を言う。

いいお店だよね。

大好きです。


d0380953_13271746.jpg









by dankamidankami | 2018-08-12 14:35 | そとごはん
昨日はいつもなら「怒濤の金曜日」なのですが

イントラさんが出張でお休み。


それで友人たち(6人)とランチに行ってきました^m^


行き先は上山田温泉のあるレストラン「kokoro」

知る人ぞ知る人気店で、前から行きたいと思っていたのだけれど

行きたい日が定休日(日曜)だったり、満車(駐車場が少ない)だったりして

なかなかタイミングが合わなかったのです。


今回は友人が予約をしてくれて、しかも車も乗り合いで行ってくれたので

晴れてkokoro行きが実現しました。




駐車場が狭いだけでなく

行くまでの道が・・結構狭い(^^ゞ

温泉街ってそれでなくても道が狭いのだけれど

その狭い「本通り」でなく、その脇のもっと狭い道沿いにあります(^_^;)

対向車がいたら絶体絶命(笑)みたいな。


そんな立地なのに人気店なのは、やはりそれだけの魅力があるっていう事ですよね。



d0380953_17482354.jpg
可愛い赤いドアが出迎えてくれます。

中に入ると、これまた可愛らしい女性が
出迎えてくれました。


d0380953_17483046.jpg



あまり画像は撮らなかったけれど、店内はこんな雰囲気。



友人がランチのコースを予約してくれていたので

すぐに順番にお料理が♥

お料理の説明を受けたのに(中には二度も聞きなおして説明してもらったものもあるのに)

こうして書き始めたら「???」で(^_^;)

で、ほぼ画像のみ(笑)

間違った情報を載せるよりいいよね?(^_^;)





d0380953_17483618.jpg
前菜。
パンに切り込みがあるので、サラダを入れて、下のドレッシングを掛けて。
d0380953_17484349.jpg




d0380953_17484961.jpg
メインのお肉は鶏肉(中にチーズが)

飾りの牛蒡のチップも美味しかった♪





d0380953_17485861.jpg
パスタはこのお皿で3人前。




d0380953_17490415.jpg
名物のカボチャプリン。濃厚!美味。





ここに画像を忘れたけれど飲み物もついて

一人前1600円。

どれも美味しかったし、満腹になりました。


満腹になったのに・・そこにまた(画像忘れたけれど)

ピザも追加注文して、一切れずつシェアして(笑)


どんだけのカロリーを摂ったか(^_^;)

いつもの金曜日は

「どんだけのカロリーを消費したか」のレッスンなのに

昨日はマギャクの金曜日でした(笑)


でも

ランチを提案してくれたMちゃんのおかげで

気になっていたお店に行かれたし

そのお店が人気のあるのも頷けたし

イントラさんに会えない金曜日ではあったけれど

おしゃべりも半端なく弾んで

充実の金曜日になりました。


Mちゃん、ありがとう♪

明日から横浜(^.^)








by dankamidankami | 2018-07-28 09:22 | そとごはん
前回に続けて石窯ピザのお店の記事です。

先日、てまひまさんから

「とても素敵なピザ屋さんがあるので、ダンカミさん是非!」とメールをいただきました。


ちょうど私達が

「パン・ド・カンパーニュ」に石窯ピザを食べに行ったばかりの時だったけれど

逆に私達の中の「ピザブーム」が続いている最中で(^^ゞ

すぐに飛んで行きました^m^


とても大好きになった、上田市の薪窯ピザのお店 KADOKKO

・・・・・・・・・・・・・・・

すぐに飛んでは行ったのだけれど・・

ナビが「目的地に到着しました」って言ってくれているのに・・

わからない・・どこどこ?


数回同じ道をウロウロ

そして・・ここだよ、きっと・・とやっと見つけて(何回も通り過ぎてた^_^;)

今度は駐車場がわからず(道路の向かいにちゃんとあったのに(^^ゞ)

またウロウロ(笑)

ウロウロのし過ぎで後ろの車にクラクション鳴らされたり・・



教訓:新規のお店に行く時には外観と駐車場くらいはチェックしていきましょう^m^





d0380953_09195735.jpg
やっとの思いで車を停めて、店の外観を眺める。

ほんと、普通すぎるくらい普通・・これじゃ、車で走っていたらわかんないね。

ここがCafe?ピザ屋さん?

でも~・・・こういうの大好きですよね、私たち(笑)

私たちのみならず

最近はこういうCafeらしからぬ古民家ほど魅力的という認識が巷で広がってます・・




d0380953_09200679.jpg

店に入ります。

わわ。。いい感じ。


リノベーションされているのだけれど

「しすぎない」感じの、古い建物の良さ、

間取りの良さをじゅうぶん生かしてのリノベーション♥


d0380953_15191797.jpg



d0380953_09202149.jpg




d0380953_09210444.jpg
お客さんが写りこんでしまって!ジュウブンぼかします。すみません!

二階もあるんです。後で検索したら二階の画像が載ってました。いい感じ。

この日は女性グループが二階にいらしてたようでした。



d0380953_09202942.jpg

お客さんの交代の間にそっと写させてもらいました。

こういう小上がりの畳スペースもあって素敵。

注文したものが来るまでの間

あちこち、キョロキョロ観察してしまいました(笑)

だって素敵なんですもの。


その間もお客さんが次から次へと・・

オーナーは若い御夫婦ですが、テキパキと爽やかに接待していて

これも人気の要因かな・・って思えます。



d0380953_09212949.jpg
お手洗いの横の手水鉢・・鉢じゃないけど、いいね^m^


そして。。オーダーしたピザセットのサラダが♪

d0380953_09214238.jpg
グリーンサラダにポテトサラダが添えられて・・

美味しいの!

ドレッシングも本当に私達好み。

そして・・



d0380953_09215290.jpg
ふふ・・

まずは青じそのピザ

d0380953_09220117.jpg
それから、茗荷のピザ^m^

ハマりました。目からうろこの美味しさです。

これは二枚とも「旬のピザ」

季節限定です。限定に弱い私たちは、迷わずこれをセレクト。

勿論、普通の生ハムやチーズのピザもたくさんあります。

でも、他に「しいたけ」のピザや「レンコン」のピザもあって・・気になった~(笑)


今日のピザがすごく美味しかったので、次回も変わったピザを注文してみたいって

二人で思っています(^^ゞ





d0380953_09221075.jpg

セットにはデザートも付いてます。

d0380953_09221857.jpg


コーヒーは別注文。

d0380953_09222721.jpg
この頃になると、大忙しだったオーナー御夫婦も

少しだけひと息・・って感じでした。


私達が珈琲を飲んでいると

「すっかりお待たせしてしまって・・」と

こんな美味しいクッキーを♥


d0380953_09223717.jpg

いえいえ、そこに居るだけで楽しかったから

待たされたなんて感覚、全然ありませんでしたよ。

でも、お心遣い、ありがとうございますm(__)m


d0380953_09195735.jpg
お店を出て

改めて外観を見て・・いいなあ、こういうお家が

素敵なカフェに生まれ変わって街の中で活かされて・・・

善光寺界隈にはたくさん、古民家を程よくリノベーションした店が多くあるけれど

上田市も、これから探検し甲斐があるかも・・と思った日でした。















「えんがわ商店」さんは、KADOKKOのリノベーションを手がけたところです。

ちなみに、てまひまさんがお店を始める時にも、えんがわ商店さんにお世話になったそうです。

私は、このえんがわ商店さんの作品(?)が大好きです^m^


by dankamidankami | 2018-06-28 16:55 | そとごはん

パン・ド・カンパーニュ

d0380953_09310245.jpg


梅雨の中休み

ドライブを兼ねて美味しい(と評判の)石窯焼きのピザを食べに行きました♪



d0380953_09312100.jpg
お店の名は

「パン・ド・カンパーニュ」

そう、天然酵母のパン屋さんでもあります。

そして・・



d0380953_09312966.jpg

看板に「家具工房ーα」と書かれているように

同じ敷地内に家具工房も。


d0380953_09313718.jpg









d0380953_09314412.jpg

d0380953_09321277.jpg






大きな敷地の中に

家具工房、パン工房、そして

石窯のある厨房小屋(?)が。

d0380953_09315810.jpg


d0380953_09320584.jpg
パン屋さんの店先でピザを注文してから

石窯小屋の周囲のテーブルに座ります。

そう、席は外のベンチとテーブル。

雨の日ってどうするのかな?


この日は気候的にもちょうど良くて

森の中にいるような雰囲気で本当に気持ちよかったです。


d0380953_09315160.jpg

皆さん、この素敵なお店を知っているのでしょうね。

次から次へと。

若い子は皆さん、撮る事に余念なく(^^ゞ

インスタに投稿ですね、きっと。





d0380953_09321922.jpg

ピザは皮がモチモチで本当に美味!

直径が30センチくらいあって、しかもクリスピータイプではないので

一枚を二人でシェアしたのだけれど、

軽いランチとしてはちょうどいい感じでした(^^ゞ


d0380953_09323084.jpg
冬は雪深く寒い地域なので、お休みだそうですが

これからの季節、緑イッパイの中で

ピクニック気分で美味しいピザをいただけるこのお店

ハナマルでした。



今度は時間をユックリとって、家具工房も見学しようかな。

欲しくなるといけないから、やめとこうかな^m^








by dankamidankami | 2018-06-23 10:06 | そとごはん
「コノハナサクヤ」でランチ。以前の記事はこちら

小さなお店だし、イベントなどもあって不定期になるので

お店のホームページで開店しているか確認だけして。

予約も出来るけれど、

よほどの事が無い限り、行き当たりバッタリのほうが気楽。

本音は単に予約の電話が面倒なだけだけど^m^





d0380953_09042567.jpg

ちょうどお昼頃。

駐車場に車が一台あったけれど、もしかしたらオーナーさんのかも?



d0380953_09043252.jpg

入店する前に、玄関先の看板などを撮っていたら、

玄関が開いてオーナーである奥さんが「いらっしゃい」と顔を出した。

駐車場に車が停まったはいいけれど

ちっとも店に入ってこないので

「もしかしたら無断駐車?」と思われたのかも^_^;



一階に1つだけあるテーブル席は予約が入っているという事で

二階に。

やっぱり、私たちが第一号だったらしい。




d0380953_09043912.jpg


人気店だからすぐに他のお客がくるだろうから

今のうちにとカメラに(^^)


d0380953_09044775.jpg



d0380953_09045479.jpg

古い古い古民家を買ってリフォームして

一年前からCafeを始めたオーナーは

私とほぼ同年代。

すごいなぁ・・そのバイタリティーがすごい。

オーナーの御主人はまだ現役。

以前訪問した時にはお店を手伝っていたけれど

今は県外に単身赴任とかで

店は原則、オーナーひとりで切り盛りしている。


しかも、以前訪れた時より、格段に手を広げている。


お店もオーナーも確実にパワーアップしていた。





d0380953_09050164.jpg

ランチはその日によって変わるけれど

コノハナ御膳とセットで提供されることは同じ。

この「コノハナ御膳」が嬉しい。




d0380953_09050867.jpg

コノハナ御膳は

正方形のプレートに食材に拘ったお惣菜が9種。

これも季節ごと、その日ごとで決まっていない。

これだけでもビールが飲めちゃう(笑)

昼間だから飲まないけど。

でも、ちゃんとメニューにはビールが載ってる^m^

d0380953_09051541.jpg

このプレートが言わば前菜で

あとから

やはりかなり食材に拘った

メインデッシュが一品と

お代わりのできる雑穀米


d0380953_10143999.jpg


ダンさんは(今日のメニュー表には載ってないけれど)

太郎ポークの三元豚が一人前だけ残っているというので、それをGET。

「残りあとひとつ」の言葉には誰だって弱い^_^;

d0380953_09052281.jpg
私はビーフシチュー


これに飲み物(いろいろ選択可)もついて

税込み1500円は安い。

開店してたった一年だけれど、

近所の常連さんも確実に増えているようだし

周囲から頼まれてテイクアウトも始めたようだし

籠の仕事の関係で東京に飛んでいったりと、

身体がいくつあっても足りないような生活を

イキイキと話す中で感じて素敵だった。


d0380953_09053154.jpg
そうそう!

一周年記念のこんなチケットをもらった。

100枚用意したそうだけれど

なんと私たちがチケットのナンバーの99と100!

なんとラッキーな!

「残りあとひとつ」に滅法弱い私たちは

自分たちの幸運に酔いしれた(爆)




お料理が美味しいのは勿論だが

相変わらずの居心地の良さと

相変わらずのオーナーとの気さくなおしゃべりが、とても楽しい。

夜も営業していて、

Cafeというよりちょっとしたパブになっているそうだけれど

さぞかし楽しいパブだろう。

近所にこんな場所があったらな・・と思う。

夜は難しいけれど、また来よう。

そうだよ。割引チケット、使わねば。



by dankamidankami | 2018-05-23 10:32 | そとごはん

山小屋KOKO

ダンさんがドライブも兼ねてランチCafeに行きたいというので

私が友達と3人で行ったことのある「山小屋KOKO」に。




行った事があるって言っても・・・

友達に連れて行ってもらったんだし、私、ひどい方向音痴だし・・で

道順の記憶があるはずもなく、勿論ナビ頼り(^_^;)

ナビがないとたどり着けない場所にあるのに・・人気店です。

SNSの世の中は

もう「隠れ家的」という言葉は通用しませんね(^^ゞ


d0380953_18365336.jpg

これがKOKOです。


d0380953_18372331.jpg

この外観、やはりインパクトがあります。



d0380953_18375486.jpg

駐車場には車がイッパイ・・どうにか停めたけれど

テラスの席にも子供連れの若いママさんたちが。

こりゃ、満席かも。

d0380953_18384991.jpg


でも、幸い大きなテーブルで相席なら・・と

なんとかセーフ。


d0380953_18391736.jpg
週末だったけれど、圧倒的に女性客が多い。


ダンさん以外の男性は・・・・カップルで来ていた人だけだったかな。

あっと・・私たちも一応はカップルではあるんだけどね(笑)




d0380953_18403667.jpg

美人母娘さんが二人で切り盛りしているので

注文したお料理は、少し時間が掛かるけれど

お店の中も外も

ユックリ眺めて楽しんで・・時間を過ごすのに困らない雰囲気。




d0380953_18412238.jpg

お料理も、やっぱり美味しかった。

私は大好きなタコライス






d0380953_18442050.jpg
ダンさんは「旅するワンプレート」

どちらも美味しい。大満足でした。

ここに決めてよかった(^^)


d0380953_18423934.jpg

コーヒーは、普通のレギュラー珈琲で可もなく不可もなく。

ダンさんの珈琲のファンの私だから、それは仕方ない^m^



ダンさんは待ってる間に、カウンターの中の厨房がとても興味があったらしく

ずっと見てたので

「あんまり見てると、料理を催促してるみたいに見えるよ」って注意してやめさせたのだけど(笑)

もしかしたら

「あのオジサン、ずっとコッチを見てた」って思われちゃったかも(^^ゞ

ごめんなさいね~

Cafeの厨房を観察できるって、

あまり機会がなかったので思わず・・らしいです^_^;


でも、そんな私たちにも

最初から最後までとても感じ良く接してくれた母娘さんオーナーでした。


美味しい料理、素敵なお店とともに、
そんなお二人の雰囲気も相まって、満足した時間をいただきました。

ごちそうさまでした。











by dankamidankami | 2018-05-16 10:30 | そとごはん

長年綴っていたブログ「今日のビタミン」の続編です。相方歴40年以上のダンさんと私との平凡だけれど、まぁまぁ幸せな「加齢なる日常」を気の向くまま、とりとめなく綴っていきます。


by カミ